■プロフィール

転職とは

Author:転職とは
就職や転職にまつわりニュースを集めました。

■最近の記事
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム

転職や派遣などの悩みを解決するために

面接では志望動機をきちんとアピール
転職AOSHIMAとは転職/就職活動に役立つ情報を豊富に取り揃えています。

面接の服装はもちろんスーツで
比較プロフェッショナルでは派遣会社を比較して検討することができます。

報酬アップは面談の服装で決まる
転職サイトの評判と比較もできます。

40歳女性とは服装はスーツ?
女性や中高年にも役立つ転職情報とは?

バイトではなく社員である
派遣会社への登録はアルバイトではなく派遣社員としての登録になります。

単発パートなら企業よりもクリニック!
看護師が転職するときに役立ちます。

違法労働は禁止です!短期の時給ランキングとは
看護師の派遣においてもちろん違法労働は禁止となります。

高収入の企業を狙うなら
薬剤師が高収入で企業への転職活動をお考えなら。

m3なら履歴書のアドバイスも
薬剤師の転職サポートを紹介しています。

m3な薬剤師の資格で年収アップを狙うなら
薬剤師の転職サポートM3キャリアとはソニーグループが運営しています。

http://www.xn--cckb1i8d5347bzcsa.net/
看護師専門の転職サービスのランキング比較をしました。

http://career.rdy.jp/
看護師転職ランキングです。

http://type.xsrv.jp/
薬剤師専門の転職サービスのランキング比較です。

http://www.20hn.net/
医師専門の転職サービスのランキング比較しています。

http://www.fsyl.net/
資格取得に役立つスクールをランキング比較しました。

http://career.wwww.jp/

http://move.month.jp/

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
求人伸び悩む 田辺管内の高校生の就職(和歌山)
 一般企業で高校生の採用選考が始まって約2カ月。田辺地方では、地元企業の求人が伸び悩んでいる。田辺公共職業安定所(ハローワーク田辺)によると9月末現在、管内の高校生の求人倍率は0・50倍。全国的な景気回復の影響か、高校生への求人も年々、緩やかながら改善傾向にあったものの、ここに来て足踏み状態に。特に「地元で働きたい」生徒にとっては厳しい就職環境となっている。
 ハローワーク田辺の管轄は田辺市(旧本宮町を除く)とみなべ、上富田、白浜の3町で、管内の高校は8校。9月5日から、各企業で高校新卒者の応募の受け付けが始まり、同月16日に採用選考がスタートした。
 9月末現在、管内の卒業予定者は1402人で、ハローワークを通じた就職希望者は420人。これに対し、地元企業からの求人数は211人だった。求人倍率は前年同時期に比べて0・05ポイント増加したが、県平均(0・82倍)より低く、全国平均(1・57倍)を大幅に下回っている。前年同期に比べて県は0・16ポイント、全国は0・13ポイント改善している。
 高校生に対する求人は出足は良かったものの、現在は伸び悩んでおり、このままでは前年度並みに落ち着く可能性も出てきた。ハローワークを通じた求職者の4割程度がまだ内定を得ていない状態。景気の先行きが読めないためか、企業に欠員が出ても、卒業まで待たずに一般求職者を補充する傾向もみられる。
 「まだ内定していない生徒の中にも優れた人材がいる。今年も高校生の地元志向は強いので、管内の事業所には、少しでも応募の機会を増やしてもらいたい。若者が地元に残って働くことが、地域の活性化にもつながる」とハローワーク。高校生に人気がある事務系や製造業関係の企業などを訪問し、求人への理解を呼び掛けている。
 田辺地方のある高校では10月末現在、就職希望の生徒100人程度の6割が内定している。生徒の地元志向は強いが、県外企業の求人数の方が圧倒的に多い状態。少ない地元求人に希望者が集中する形になり、結果的に不合格の率も高くなる。進路指導の担当者は「特に事務系は人気が高いが、県内外ともに数が少なく、求人があれば殺到する」と話す。
 和歌山労働局によると9月末現在、県内の就職希望の高校新卒者は2063人で、求人数は1690人。県内8つのハローワークのうち、和歌山管内(1・23倍)と御坊管内(1・16倍)が1倍を超えた。田辺管内は下から4番目だった。紀北の方が倍率が高く、同じ県内でも高校生の就職環境には差がある。
 厚生労働省の発表によると9月末現在、和歌山の高校新卒者の求人倍率は0・82倍で、近畿地方で唯一1倍を割って最下位となっている。


Yahoo!ニュースより引用


都市部と地方では就職状況に格差がありますね。
特に和歌山では全国平均よりも大幅に下回っているというのは深刻に感じます。
都市部ではそのエリア以外の仕事(Webなど)の企業も多いけど、地方ではそういった企業は少ないんでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:就職・転職・仕事・求職・アルバイト・パートのNo1最新情報 - ジャンル:就職・お仕事

仕事 | 21:53:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。